誤読と曲解の映画日記

映画鑑賞日記です。

厚い信頼に基づいた強い結びつきを描く物語/『最強のふたり』

厚い信頼に基づいた強い結びつきを描く物語/『最強のふたり』:目次 人間同士のあたたかな心の交流 孤独を抱えていたフィリップ ドリスの複雑な事情 厚い信頼に基づいた強い結びつき 映画の概要・受賞歴など 参考リンク 人間同士のあたたかな心の交流 映画…

すべての荷物を投げ捨てて/『ダージリン急行』

すべての荷物を投げ捨てて/『ダージリン急行』:目次 ここから逃げ出すことはできないからこそ 「僕たちの居場所は不明」 子どもの死をきっかけに すべての荷物を投げ捨てて 映画の概要・受賞歴など 参考リンク ここから逃げ出すことはできないからこそ ひ…

ウディ・アレンとニューオリンズ・ジャズ/『ワイルド・マン・ブルース』

ウディ・アレンとニューオリンズ・ジャズ/『ワイルド・マン・ブルース』:目次 クラリネット奏者としてのウディ・アレン 「ここまでやるとは思わなかった」ウディ・アレンの演奏 ウディ・アレンとニューオリンズ・ジャズ 映画の概要・受賞歴など 参考リンク…

星空の下で映画を/『誤読と曲解の映画日記』2017年7月のまとめ

星空の下で映画を/『誤読と曲解の映画日記』2017年7月のまとめ:目次 星空の下で映画を 『誤読と曲解の映画日記』今月のまとめ 『誤読と曲解の読書日記』今月のまとめ 管理人からのお知らせ:九州北部豪雨への義援金など 星空の下で映画を 屋外で映画を観た…

悲惨なかたちではあれ、自分の人生から逃れられた男の物語/『バーバー』

悲惨なかたちではあれ、自分の人生から逃れられた男の物語/『バーバー』:目次 空虚な自分の人生から抜け出したいと願った男 どこかにあるはずだった本当の自分の人生 偶発的な悲劇がもたらす悲劇の連鎖 弁護士を頼んだことでますます自分の運命に縛られる …

自己保身と自己憐憫、そして希望/『羅生門』

自己保身と自己憐憫、そして希望/『羅生門』:目次 絶え間ない雨の音の聞こえる羅生門と緊張感の満ちる藪の中 汚い人間の本性に染まった下人と、人を信じようとする旅法師 自分の嘘を覆い隠すための「演技」 自己保身が羅生門の下に引きずり出される 人間不…

カンヌ国際映画祭「犬賞」/2017年6月のまとめ

『誤読と曲解の映画日記』/2017年6月のまとめ:目次 「次にどんな映画を観るか」 『誤読と曲解の映画日記』今月のまとめ 『誤読と曲解の読書日記』今月のまとめ 管理人からのお知らせ:Amazonほしい物リスト 「次にどんな映画を観るか」 「次にどんな映画を…

何かが浄化されてゆく過程を描く物語/『アパートの鍵貸します』

何かが浄化されてゆく過程を描く物語/『アパートの鍵貸します』:目次 何かが浄化されてゆく過程を描く物語 ゆがんでいて不健全な場所にいた気弱で流されやすい人物 こんなところで何をやっているのだろう フランへの一途な愛情 「成り行き」からの決別 バ…

どこまでも居心地が悪く、その不安定さに苛立つ物語/『マーゴット・ウェディング』

どこまでも居心地が悪く、その不安定さに苛立つ物語/『マーゴット・ウェディング』:目次 居心地の悪い物語 不安定で苛立つ姉妹 問題や災厄をもたらすだけの人々 再生の可能性がほんの少しだけ 映画の概要・受賞歴など 参考リンク 居心地の悪い物語 映画『…

飛び出す映画についてのエトセトラ

飛び出す映画についてのエトセトラ:目次 VR、3D映画、そして立体映画 オバケのQ太郎の映画 飛び出す映画 参考リンク ほしい物リストから本が届きました 管理人からのお知らせ:Amazonほしい物リスト 最近、twitterで飛び出す映画について書いたので、こちら…

もう二度と観ることのない映画/2017年5月のまとめ

『誤読と曲解の映画日記』/2017年5月のまとめ:目次 もう二度と観ることのない映画 『誤読と曲解の映画日記』今月のまとめ 『誤読と曲解の読書日記』今月のまとめ 管理人からのお知らせ:Amazonほしい物リスト もう二度と観ることのない映画 「もう二度と観…

喜びのために生きよう! 踊って歌うために!/『ジミー、野を駆ける伝説』

喜びのために生きよう! 踊って歌うために!/『ジミー、野を駆ける伝説』:目次 束の間の自由さえ抑圧されてゆく 歌とダンスは自由の象徴 そこでなら誰もが善良になる 喜びのために生きよう! 踊って歌うために! 自由を求めて野を駆ける 映画の概要・受賞…

無心の赤ちゃんが大人たちの愚かさや未熟さを浮かび上がる/『赤ちゃん泥棒』

無心の赤ちゃんが大人たちの愚かさや未熟さを浮かび上がる/『赤ちゃん泥棒』:目次 愚かしいことに身を委ねてしまわないとたどり着かない場所 エドを縛り付けていた鎖 完全な悪には染まっていない人間 愚かさや未熟さを抱えた自分と決別 映画の概要・受賞歴…

ゴールデンウィークに突入/2017年4月のまとめ

『誤読と曲解の映画日記』/2017年4月のまとめ:目次 ゴールデンウィークに突入 『誤読と曲解の映画日記』今月のまとめ 『誤読と曲解の読書日記』今月のまとめ 管理人からのお知らせ①:『週刊はてなブログ』で紹介されました 管理人からのお知らせ②:Amazon…

ハッピーエンドとバッドエンドが交錯する物語/『ブロードウェイと銃弾』

ハッピーエンドとバッドエンドが交錯する物語/『ブロードウェイと銃弾』:目次 本物のアーティストとは 柔軟性とそれを受け入れる勇気を持つこと ハッピーエンドとバッドエンドが交錯する物語 映画の概要・受賞歴など 参考リンク 本物のアーティストとは 映…

ウイスキーに導かれて/『天使の分け前』

ウイスキーに導かれて/『天使の分け前』:目次 後悔にも似た感情を抱いて物語を見つめる 仲間と、そしてウイスキーとの出会い 罪を抱えたからこそ、一歩ずつ自分の歩むべき道を見定める 天使の分け前 映画の概要・受賞歴など 参考リンク 管理人からのお知ら…

映画はある種のタイムカプセル/2017年3月のまとめ

『誤読と曲解の映画日記』/2017年3月のまとめ目次 『男はつらいよ』に映し出される半世紀近く昔の風景 映画はある種のタイムカプセル 『誤読と曲解の映画日記』今月のまとめ 管理人からのお知らせ①:更新日の変更について 『誤読と曲解の読書日記』今月のま…

ぱっとしないけれど、シリアスでリアルな日常/『ナポレオン・ダイナマイト』

ぱっとしないけれど、シリアスでリアルな日常/『ナポレオン・ダイナマイト』 ぱっとしないけれど、シリアスでリアルな日常 友達と出会うことから成長ははじまる 努力は惜しまず機転を利かせる タイムマシンを買って 映画の概要・受賞歴など 参考リンク ぱっ…

運命がつかさどるよりもずっと奇妙なことが、この世界では起こりうる/『誘惑のアフロディーテ』

運命がつかさどるよりもずっと奇妙なことが、この世界では起こりうる/『誘惑のアフロディーテ』:目次 「理想的な」母親探しに奔走する物語 自分の人生にうんざりしていたリンダ 予言を振り払って、自分の信念に突き進むレニー 一歩間違えれば壊れてしまい…

「コンプレックス」が原動力/2017年2月のまとめ

『誤読と曲解の映画日記』:2017年2月のまとめ目次 「コンプレックス」が原動力 『誤読と曲解の映画日記』今月のまとめ 『誤読と曲解の読書日記』今月のまとめ 管理人よりお知らせ:Amazonほしい物リストをつくりました 「コンプレックス」が原動力 そもそも…

"YES"は前に進むためのスイッチ/『イエスマン "YES"は人生のパスワード』

"YES"は前に進むためのスイッチ/『イエスマン "YES"は人生のパスワード』:目次 不思議な説得力のある物語 「YES」と言った先に 行動を促すためのスイッチ 映画の概要・受賞歴など 参考リンク 不思議な説得力のある物語 人生は決断の連続だと言える。大きな…

永遠に叶うことのない夢/『サンセット大通り』

永遠に叶うことのない夢/『サンセット大通り』:目次 もがきながら進む方向が誤っているゆえの破滅 永遠に叶うことのない夢を抱いた人間たち 破滅へのレールを敷いたマックスとベティ ひどく間違ったやさしさと愛情 太陽が沈み、夜の闇が訪れる『サンセット…

ハズレを引くこと/2017年1月のまとめ

『誤読と曲解の映画日記』:2017年1月のまとめ目次 ハズレを引くこと 『誤読と曲解の映画日記』今月のまとめ 『誤読と曲解の読書日記』今月のまとめ ハズレを引くこと 1月も最終日になりましたが、今年最初の今月のまとめです。今年もよろしくお願いいたしま…

ひどく手遅れだったのかもしれないが/『トト・ザ・ヒーロー』

ひどく手遅れだったのかもしれないが/『トト・ザ・ヒーロー』:目次 自分で自分の人生に評価を下してはいけない 誰とも思い出を分かち合うことができなかったトマ 悲しみを抱いているからこそ ひどく手遅れだったのかもしれないが 映画の概要・受賞歴など …

孤独なふたりでしか成り立ち得ない愛/『レオン 完全版』

孤独なふたりでしか成り立ち得ない愛/『レオン 完全版』:目次 孤独なふたり このふたりでしか成り立ち得ない種類の愛情 「根が地面についてない」 ようやく地面に根を下ろす 映画の概要・受賞歴など 参考リンク 孤独なふたり 映画『レオン 完全版』は、多…

2016年映画日記ブログ アクセス数ランキングとおすすめ記事/12月と2016年のまとめ

ブログをはじめて1年が過ぎました こんにちは。『誤読と曲解の映画日記』管理人の”のび”です。 さて、このブログを今年の1月に立ち上げてから、1年が経とうとしています。もともとは、せっかく映画を観たのだから、映画を観ながら抱いた感想や疑問などを忘れ…

邪悪な存在に絡め取られた才能/『バートン・フィンク』

バートンの才能を削り取った三人の男たち 映画『バートン・フィンク』は、ひとりの才能あふれる劇作家の若者が、邪悪な存在に触れ続けてしまったことで、その邪悪さにからめ取られてしまった物語と言えるだろう。ひとりの才能あふれる若者は、永遠に凡庸の枠…

想像力と支配欲の先にあるグロテスクさが物足りない/『ルビー・スパークス』

想像から生まれた”理想の恋人" 映画『ルビー・スパークス』は、支配欲にとらわれた人間が、痛い目にあって成長する物語だと言えるのかもしれない。主人公のカルヴィン・ウィアフィールズは小説家。デビュー作は大ヒットしたけれども、今ではスランプに陥り、…

フィデルのせいで/2016年11月のまとめ

映画『ぜんぶ、フィデルのせい』 先日、キューバの前国家評議会議長フィデル・カストロ氏が亡くなりました。フィデルは言うまでもなくキューバ革命を起こした革命家です。熱狂的な支持から独裁者としての批判まで、革命を成し遂げた政治家には毀誉褒貶が付き…

虚栄心とプライド、そして破滅/『ブルージャスミン』

希望など、どこにも見出せない 映画『ブルージャスミン』は、落ちぶれたセレブがさらに救いようのないところまで落ちてゆくのを描く物語だ。ウォッカと精神安定剤を常に手にするジャスミンの、華やかな過去と痛々しい現実を対比させながら物語は進む。ひとこ…