読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誤読と曲解の映画日記

映画鑑賞日記です。

「コンプレックス」が原動力/2017年2月のまとめ

「コンプレックス」が原動力 そもそも、なぜわたしは映画を観た感想をブログを書いているのだろうという話です。そういえば、ブログを立ち上げた理由やブログを書き続ける理由など、これまでどこにも書いてないなと気づいたので、自分用のメモとして書いてお…

ハズレを引くこと/2017年1月のまとめ

ハズレを引くこと 1月も最終日になりましたが、今年最初の今月のまとめです。今年もよろしくお願いいたします。 さて、このあいだ、レンタルしたDVDでとある映画を観たのですが、ひさびさに「あ、これはハズレだね」という作品でした。ひさびさにハズレを引…

2016年映画日記ブログ アクセス数ランキングとおすすめ記事/12月と2016年のまとめ

ブログをはじめて1年が過ぎました こんにちは。『誤読と曲解の映画日記』管理人の”のび”です。 さて、このブログを今年の1月に立ち上げてから、1年が経とうとしています。もともとは、せっかく映画を観たのだから、映画を観ながら抱いた感想や疑問などを忘れ…

フィデルのせいで/2016年11月のまとめ

映画『ぜんぶ、フィデルのせい』 先日、キューバの前国家評議会議長フィデル・カストロ氏が亡くなりました。フィデルは言うまでもなくキューバ革命を起こした革命家です。熱狂的な支持から独裁者としての批判まで、革命を成し遂げた政治家には毀誉褒貶が付き…

想像力をいったん脇に置いていても/2016年10月のまとめ

戯曲を読むのが苦手 最近、ちょこちょこっとシェイクスピアの作品を読み返しています。昔読んだものを読み返したり、今になって初めて読んだりするものもあります。みなさんご存知のように、シェイクスピアの”作品"を読むことは、戯曲を読むことですね。戯曲…

わたしが映画館に行かない3つの理由/9月のまとめ

邦画のヒット作が多い2016年 今年は(と言っても、まだ3か月残ってますが)、Twitterのタイムラインを見ていても、映画館に足を運んだ人をよく見かけますね。『ちはやふる』『シン・ゴジラ』『君の名は。』などのヒット作に恵まれたことが大きいのだろう。折…

不思議で魔術的な魅力/8月のまとめ

人はなぜ、映画を観るのだろうか 人はなぜ、映画を観るのだろうと、ふと思った。 当たり前だが、人が映画を観る理由など、人の数だけある。質問を変えてみる。わたしはなぜ映画を観るのだろう。 これなら、なにかしらの答えが見えてくるだろう。 わたしの場…

「今月のまとめ」はじめました/7月のまとめ

「今月のまとめ」はじめました こんにちは。『誤読と曲解の映画日記』管理人の”のび”です。このブログは基本的に毎月2回、第1と第3の土曜日に更新するブログです。たまに、それ以外の祝日にも記事を更新することもありますが、それでも月に3回程度の更新です…