読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誤読と曲解の映画日記

映画鑑賞日記です。

「コンプレックス」が原動力/2017年2月のまとめ

今月のまとめ

「コンプレックス」が原動力

そもそも、なぜわたしは映画を観た感想をブログを書いているのだろうという話です。そういえば、ブログを立ち上げた理由やブログを書き続ける理由など、これまでどこにも書いてないなと気づいたので、自分用のメモとして書いておこうと。

結論から言うと、「コンプレックス」、劣等感と言い換えてもいいのですが、そういうものが根底にあるからなのではないか、ということに行き着きました。

他の人にとっては、もうとっくに観ていて当然の作品を自分はまだ観ていない。自分には映画に関する知識や常識が他の人よりも大きく欠落している。そんな「コンプレックス」が、自分の根底にあるし、最低でも月2回は映画のブログを書く原動力になってるのではないか。

それに加え、月2回は映画の感想をブログに書くために、最低でも月に2本以上の映画を観なければならない。つまりは月2本以上の映画を観ることを、自分にノルマとして課しているわけです。どうしても意図的に時間をとって映画を観なければならないという状況に、自分を追い込んでいるわけですね(そんなおおげさな行為でもないですが)。それで数をこなして、観たことのある作品を増やしていくと。

さらには、記憶力が悪いということもある。映画の作品名を聞いて、その大まかなストーリーの流れや結末を忘れてしまっていることはしょっちゅうだし、役名はもちろん、出演している俳優の名前すら出てこないこともある。

じゃあ、映画ブログを書きはじめて、コンプレックスを克服し、記憶力も良くなったのかというと、そんなことはないんですけどね。実に困ったことです。


それでは、今月の『誤読と曲解の映画日記』と『誤読と曲解の読書日記』のまとめです。

『誤読と曲解の映画日記』今月のまとめ

2017年2月に更新した『誤解と曲解の映画日記』の記事は2本でした。


2月4日更新:永遠に叶うことのない夢/『サンセット大通り』
記事リンク:http://nobitter73.hatenablog.com/entry/20170204/1486206000

永遠に叶うことのない夢を抱えたふたりが出会ってしまったことで、まっすぐ破滅へと突き進んでしまう物語。過去の栄光にすがりつく人間と、破れた夢にぐずぐず未練を抱えた人間とが出会い、少しずつ破滅へ向かってゆく過程を描いている。

愚かしさや弱さを抱えた人間が、なんとか現状から抜け出そうともがくが、もがきながら進む方向が誤っているゆえに、少しずつ破滅へと自らを導く。それゆえに、この物語はひどく哀しくて恐ろしい。


2月18日更新:"YES"は前に進むためのスイッチ/『イエスマン "YES"は人生のパスワード』
記事リンク:http://nobitter73.hatenablog.com/entry/20170218/1487415600

コメディ映画なので、何も考えなくても終始楽しく面白く観てしまうが、観終わったあとに「自分も”YES”と答え続けてみようかな……」との思いが頭をよぎってしまうほど、不思議な説得力のある物語。

”YES”と口にすることで、ひとつ前に進むことはできる。自分にとって本当に大事なことは何かということに気づき、それを手にするために行動すること、時には傷つき、痛みを覚えても、そこから学ぶことが大切だと、面白く伝える寓話のような物語だ。


それぞれの記事には、yahoo!映画と映画.com、そしてFilmarksへのリンクがあります。あらすじなどの参考にどうぞ。

『誤読と曲解の読書日記』今月のまとめ

『誤読と曲解の読書日記』は、管理人の”のび”が運営する、読書の感想を書くブログです。ご興味がありましたら、ぜひご笑覧ください。2017年2月に更新した『誤読と曲解の読書日記』記事は2本でした。


2月7日更新:あたたかなまなざしと、やさしさに満ちた愛情/J・ヒルトン(白石朗訳)『チップス先生、さようなら』新潮文庫
記事リンク:http://nobitter73.hatenadiary.jp/entry/2017/02/07/200000

こんなにも皆から愛されていたチップス先生は、本当に幸せな教師だったんだなあと、読み終わったあとはあたたかな気持ちになる。そしてまた、自分が子どもだった頃に、こんな先生がいたらよかったのになあと、ブルックフィールド校の生徒が少しうらやましくも感じる。

それは、この物語のところどころに、チップス先生と生徒たちとのやりとりが描かれているが、そのひとつひとつがユーモアと生徒に対するあたたかなまなざしに満ちているからだ。


2月17日更新:滑稽さと面白みの中にある物悲しさと薄ら寒さ/R・ラードナー(加島祥造訳)『アリバイ・アイク ラードナー傑作選』新潮文庫(村上柴田翻訳堂)
記事リンク:http://nobitter73.hatenadiary.jp/entry/2017/02/11/200000

ラードナーの描く物語には、滑稽さや面白みに満ちていても、どこかもの悲しいものや薄ら寒いものが含まれている。それに加え、「チャンピオン」などの物語は、人間関係における強調性や調和を求める心が欠落している人物が登場するゆえに冷酷であり、悲惨だ。

しかし、この傑作選に描かれた人と人との協調性の欠落、それゆえに調和を求める姿勢というものは、今でも十分に通用するテーマだし、21世紀に突入した現在のわたしたちが直面している現実問題でもある。そこに、ラードナーの現代的意義があるというのはおおげさだろうか。


それぞれの記事には、それぞれの本について、出版社ホームページとブクログへのリンクがあります。

管理人よりお知らせ

Amazonほしい物リストを作ってしまいました。
とりあえず炭酸水、あとは読みたいと思っている本を入れてみました。

管理人が本当に心の底からほしい物は現金10億円ですが、こちらのリストもよろしくお願いいたします。

読書&映画日記管理人のびのほしい物リスト
https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/8GE8060YNEQV


ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
管理人のFilmarks:https://filmarks.com/pc/nobitter73
管理人のtwitterのアカウント:https://twitter.com/nobitter73
管理人のメールアドレス:nobitter73 [at] gmail.com
※[at]の部分を半角の@に変更して、前後のスペースを詰めてください。
『誤読と曲解の映画日記』管理人:のび
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー