誤読と曲解の映画日記

映画鑑賞日記です。

世界の悲惨に想いを馳せ、その悲惨さから目をそらすな/『おやすみなさいを言いたくて』

世界の悲惨に想いを馳せ、その悲惨さから目をそらすな/『おやすみなさいを言いたくて』:目次

  • 絶望的な気分が支配するが、かすかな希望も見出せる物語
  • 理解と共感が救いとなる
  • アフリカの銃声がアイルランドの家族を引き裂く
  • 破壊されなかった信頼関係
  • 世界の悲惨に想いを馳せ、その悲惨さから目をそらすな
  • 映画の概要・受賞歴など
  • 参考リンク

絶望的な気分が支配するが、かすかな希望も見出せる物語

映画『おやすみなさいを言いたくて』は、理想と現実とのあいだで葛藤する女性の姿を描いた物語だ。物語全体を通じて、どちらかといえば絶望的な気分が支配する作品だ。けれども、絶望的な雰囲気の中にかすかな希望も見いだすことのできるし、それがこの物語の救いにもなっている。

主人公のレベッカは、紛争やテロといった世界の悲惨な現場へ飛び込み、写真を撮り続ける報道カメラマンとして活躍する女性だ。あるとき、自爆テロを起こす人々の取材をしていたとき、自爆テロに巻き込まれ大けがをしてしまう。

レベッカは一命を取り留めるが、心配する家族と今後はもう危険な場所に行かないと約束をする。家族はレベッカの危険と隣り合わせの仕事に理解を示していたが、実はそうではないことを知る。夫のマーカスは「君の生き方を愛している」と理解を示していたが、実は本心では心をすりつぶすほどにレベッカを心配していたのだ。

そんなマーカスの気持ちを推し量って、レベッカは家族のいるアイルランドで家族とともに幸せな生活を送ることになるが、次第に自分の中に存在する「抑えきれない何か」を抑えきれなくなってゆく…...、というストーリーである。

家族との平和で幸せな日々を選ぶのか。それとも危険な紛争地を飛び回って、人々に世界の悲惨さを伝えることを選ぶのか。レベッカはそういった選択をこれまで常につきつけられていて、そしてこの物語の中でも常にそれを問われ続けているのである。

わたしはレベッカの最後の選択を好意的に受け取った。なぜならば、レベッカの選択を理解し、応援してくれる存在があったからである。その存在があったからこそ、この物語は完全に絶望的な物語になってしまうことから救われているからである。もし、この物語の最後でレベッカがそう選択しなかったなら、レベッカのそれまでの存在意義までをも消えてしまうことになっただろう。


※以下、ネタバレ的な要素が含まれています。

続きを読む

怪獣映画が苦手/『誤読と曲解の映画日記』2017年11月のまとめ

怪獣映画が苦手/『誤読と曲解の映画日記』2017年11月のまとめ:目次

  • 4ヶ月ぶり(!)の今月のまとめ
  • 怪獣映画が苦手な理由
  • いろんな怪獣がいてもいいはず
  • 『誤読と曲解の映画日記』今月のまとめ
  • 『誤読と曲解の読書日記』今月のまとめ
  • 管理人からのお知らせ:Amazonほしい物リスト

4ヶ月ぶり(!)の今月のまとめ

4ヶ月ぶり(!)の今月のまとめです。
8月下旬から10月にかけて、個人的に少々多忙だったためです……。
ようやくブログを書く余裕が出てきたので、またブログを再開します。

怪獣映画が苦手な理由

唐突ですが、わたしはゴジラをはじめとした怪獣映画が苦手なのです。
先日、『シン・ゴジラ』が地上波テレビ放映され、twitter上などでも大いに盛り上がりましたが、わたしは断片的にしか観ていません……。

そもそも、ゴジラ映画をまともに観たことがありません。たまたまテレビでゴジラ映画が流れているときに、ちらっと観たことがあるだけで、始まりから終わりまでちゃんと全編を通して観たことは記憶の限りではありません。これはゴジラシリーズや他の怪獣映画も同じです。

その理由は怖いから、という単純なものです。

なぜなら、ビル並みの大きさの怪獣が人も車も家も踏み潰し、口から火のようなビームを噴き出し、尻尾を振り回してビルまでなぎ倒すという、それはもう破壊の限りを尽くすから。ああ、自分もうっかり怪獣に踏み殺されたらいやだなあ、みたいな想像が膨らんでしまうので、もうダメですね。つまり、怪獣映画を見る視点としては、わたしは怪獣に踏み潰される側の視点で観てしまうから、怪獣映画が怖いということになるのです。

まあ、昔のゴジラが原爆への恐怖や原子力に対する怒りを描き、シン・ゴジラ東日本大震災のメタファーであって、そんな巨大な厄災に対峙する人間の姿を描いている映画だということは理解していますので、怪獣映画だからと食わず嫌いしない方がいいというのは理解していますが。

続きを読む

もっと未来が見通せたら/『マジック・イン・ムーンライト』

もっと未来が見通せたら/『マジック・イン・ムーンライト』:目次

  • 天文台でのんびりと夜空を眺めるような気持ちで
  • 傲慢で偏屈、自信過剰のマジシャンと若さと美貌が売り物の霊能力者
  • もっと未来が見通せたら
  • 映画の概要・受賞歴など
  • 参考リンク

天文台でのんびりと夜空を眺めるような気持ちで

映画『マジック・イン・ムーンライト』は、天才マジシャンとインチキ霊能力者の物語。1920年代の南仏コート・ダジュールが主な舞台となっている。有名なマジシャンが自称霊能力者のインチキを見破るという定型的とも言えるような物語で、世界を揺るがすような大事件などは起こらない小粒な印象の物語。けれども、登場人物たちのかたくなな心が魔法にかけられたようにやわらかに溶けていく様子を描く。

主人公は、有名な天才マジシャンであるスタンリー・クロフォード。そしてもうひとりの主人公は自称霊能力者のソフィ・ベイカー。スタンリーがソフィのインチキを見破るために南仏の屋敷に乗り込むが、なかなかそのインチキの証拠をつかめないまま、物語は進んでゆく。

タイトルにもあるように、「月の光」と「マジック」が印象的な物語である。「月の光」とは、あるときひょんなことでスタンリーとソフィのふたりが天文台にたどり着く。この天文台はスタンリーが幼い頃に連れてこられた思い出の場所であり、この天文台からふたりは夜空の月や星を眺める。この場面が物語の中でも美しい場面であり、同時にこの物語の大きな転換点に位置する場面であろう。

もうひとつの「マジック」の方には、様々な意味が込められている。まず、この物語の主人公スタンリーは職業がマジックを披露するマジシャンである。また、この物語のヒロインであるインチキ霊能力者のソフィもまた人々の過去を透視したり、死んだ人の霊を呼び寄せたりと、マジカルなことでお金を稼いでいる。

この「マジック」には他にも意味が込められているが、とにかくそんなふたりが出会ったことで、かたくなだったふたりの心が魔法にかけられたように少しずつ変わってゆく。映画『マジック・イン・ムーンライト』は、物語が終わったあとに、マジカルな力がわたしたちの心までをも柔らかく解きほぐしたかのように感じる物語である。この物語は、真夜中の天文台でのんびりと夜空を眺めるような気持ちで観るといいのかもしれない。


※以下、ネタバレ的な要素が含まれています。

続きを読む

たとえ逃げ道を見つけ出したとしても/『ブラック・スワン』

たとえ逃げ道を見つけ出したとしても/『ブラック・スワン』:目次

ブラック・スワンにとらわれたバレリーナ

映画『ブラック・スワン』は、ニューヨークのバレエ団に所属するバレリーナが主人公の物語。バレリーナの主人公ニナが「白鳥の湖」の主演に抜擢されるが、プレッシャーのあまり狂気に侵されていくさまを描く。

主人公のニナは基本的に生真面目な性格の人物として描かれる。しかし、この生真面目さゆえに、ニナが徐々にプレッシャーに押しつぶされてゆくのだ。もちろん、プレッシャーに押しつぶされてゆくのは、まずなによりもニナ自身の問題だが、ニナの周囲にいる人物たちのある種の「好意」がニナを追い詰めてゆく。

ニナの周囲にいる人物たちのある種の「好意」とは何だろうか。それは、ニナに対する善意だったり期待だったりと、ニナのために良かれと思ってやっていることでもある。けれども、その周囲の人物たちがニナに対して良かれと思ってやっている言動が、ニナを徐々に追い詰めていくのだ。もちろん、ニナの周囲の人物たちは悪意からそう接しているわけではない。けれども、そのある種の「好意」にニナが押しつぶされていくさまが、わたしたちの心まで息苦しくさせる物語である。

ところで、タイトルにもなっている「ブラック・スワン」とは、バレエ「白鳥の湖」に登場する黒鳥のこと。「白鳥の湖」の主演を任されるバレリーナは、この白鳥と黒鳥の二役を努めなければならない。この黒鳥・「ブラック・スワン」とは純粋で無垢な白鳥と対をなす存在であり、邪悪な存在という位置付けだ。主人公のニナは、この物語の中で、まさに「ブラック・スワン」とも言えるような邪悪なものにとらわれてゆく。

わたしはこの物語を観ながら、胸が締めつけられるような感じを抱いた。ニナの感じている母親からの抑圧をはじめ、母親やリリーやトマといった周囲の人物たちに追い詰められ、鬱積したものを蓄積していくニナの姿が、重苦しくてつらいものに感じた。

ニナはどうすればよかったのだろうか。ニナの逃げ道はどこにあったのだろうか。逃げ道があったとしても、ニナはそれを見つけ出すことができただろうか。たとえ逃げ道を見つけ出したとしても、生真面目な性格のニナはそこへ駆け込むことをしただろうか。そんなことをしたら余計に自分を罰するように自分をさらに追い詰めてしまうのではないか。そんな思いが次々に胸に浮かぶ、そんな重苦しい物語である。


※以下、ネタバレ的な要素が含まれています。

続きを読む

厚い信頼に基づいた強い結びつきを描く物語/『最強のふたり』

厚い信頼に基づいた強い結びつきを描く物語/『最強のふたり』:目次

  • 人間同士のあたたかな心の交流
  • 孤独を抱えていたフィリップ
  • ドリスの複雑な事情
  • 厚い信頼に基づいた強い結びつき
  • 映画の概要・受賞歴など
  • 参考リンク

人間同士のあたたかな心の交流

映画『最強のふたり』は、介護する側と介護される側との関係を超えた友情の物語だ。人間はどんな境遇にあっても、親しい誰かとのあたたかな心の交流が必要だと訴える物語だと言えるだろう。

この映画で介護する側のドリスは、もともと介護の仕事を求めていたわけではなかった。彼が求めていたのは、失業給付を受けるための証明だった。すなわち、就職活動をしたのちに不採用になったという証明をもらうために、面接へやってきただけだったのだ。

けれども、介護される側であり、同時に雇用する側でもあるフィリップは、型破りなドリスを気に入ってしまう。面接で、誰か(つまり、職業安定所など)の紹介はあるか? との意味で、「推薦はあるか?」と尋ねられたドリスは、自分のオススメの音楽を答えてしまう。その珍妙な受け答えが決定打となって、ドリスは採用されることになる。フィリップははじめからドリスの飾らない個性を評価したのだ。

パラグライダーの事故で、首から下を動かすことができなくなったフィリップ。そのフィリップを介護することになったドリス。もちろん、ドリスには介護についての資格も知識も経験もない。だから、ある意味で型破りな介護ができるのだ。

たとえば、フィリップが出かけるときに車椅子のスペースのあるワゴン車に乗ろうとするが、ドリスはそれを拒む。車椅子に乗ったフィリップを「馬みたいに荷台に載せる」ことに疑問を抱くのだ。そしてドリスは、そばにシートをかけたまま置いてあった高級車マセラティの助手席にフィリップを乗せて走り出す。

そのようなドリスとフィリップとの間に、介護する側と介護される側という関係を超えた個人的な結びつきがはじまる。その異質な結びつきが、普通の介護関係では得られないような、人間同士のあたたかな心の交流を生み出し、フィリップを、そしてドリスを変化させてゆくのだ。そんなふたりの心の交流を目の当たりにすることで、わたしたちもまた温かな気持ちになる物語である。


※以下、ネタバレ的な要素が含まれています。

続きを読む