読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誤読と曲解の映画日記

映画鑑賞日記です。

無心の赤ちゃんが大人たちの愚かさや未熟さを浮かび上がる/『赤ちゃん泥棒』

無心の赤ちゃんが大人たちの愚かさや未熟さを浮かび上がる/『赤ちゃん泥棒』:目次

愚かしいことに身を委ねてしまわないとたどり着かない場所

映画『赤ちゃん泥棒』は、盗み出した赤ちゃんをめぐるドタバタ喜劇。他人の赤ちゃんを盗み出し、育てるつもりだった赤ちゃん泥棒の夫婦は、物語の終わりに成長する。まるで、赤ちゃんに育てられたみたいに。無心の赤ちゃんが大人たちの愚かさや未熟さを浮かび上がる物語だと言える。

アリゾナ州に住むハイとエドの夫婦は、家具チェーン店を経営する金持ちのネイサン・アリゾナ夫婦に五つ子が生まれたことを知る。子どもが望めない妻のエドは、どうしても赤ちゃんが欲しいと願うが、養子を迎えることもできなかった。そこで、五つ子のひとりを盗み出して、自分で育てることを企てる。

ところがそこへ、夫ハイのかつての刑務所仲間のゲイルとエヴィルが、刑務所を脱獄してやってくる。また、賞金稼ぎのスモールスも、赤ちゃんの行方を追ってくる。事態は思わぬ方向へ転がってゆく……、というストーリー。

人間は時として愚かしいことに身を委ねてしまう。それは人間が愚かさや未熟さを抱えているからだろう。しかし、人間は愚かしいことに身を委ねてしまわないと気づかない類のものごとがあるし、それをくぐり抜けないことには成長もない。そのようなことが、この物語のメッセージなのかもしれない。

もちろん、赤ちゃん泥棒や強盗といった犯罪行為に手を染めないに越したことはないだろう。でも、犯罪にまで至らなくとも、わたしたちは時として愚かしいことをしでかしてしまう存在なのである。

繰り返しになるが、この物語はわたしたちに、人間は愚かしいことをしでかしてしまわないと気づかない類のものごとがあるし、それをくぐり抜けないことには成長もないのだと、寓話的にメッセージを伝えている。この物語では、そういたことを無心の赤ちゃんという存在が、愚かで未熟な大人たちを浮かび上げるのだ。


※以下、ネタバレ的な要素が含まれています。

エドを縛り付けていた鎖

妻のエド、はじめは子どもじみた性格を持つ人間として描かれる。しかし、彼女は実際に泥棒によって赤ちゃんを手に入れ、ドタバタに巻き込まれる中で、自分の考えや行動がいかに幼いものであったのかを知ることになる。

エドは妊娠することも望めず、養子を迎えることも叶わなかった。それでも赤ちゃんが欲しいという願望にとらわれる。あるものが欲しいのに、それが手に入らないとなると、ますますそれを手に入れたいと望むのが人間なのだろう。赤ちゃんを手に入れたいという願望が、まるでエドを縛り付ける鎖となり、その鎖が操り人形を繰る糸のようにエドを動かしてゆく。

赤ちゃんが欲しいという願望の鎖に縛り付けられたエドは、ハイをけしかけて赤ちゃん泥棒をさせてしまう。ようやく念願の赤ちゃんを、泥棒によって手に入れたハイとエドの夫婦。はじめは赤ちゃんがやってきたことに歓喜し、自分たちの子どもとして育てようと決意する。

エドは元警察官であり、法律を守るべき立場の人間だったが、自分に赤ちゃんができないことを知るやいなや、遵法意識は消えてしまう。エドはまるで自身が幼い赤ちゃんのように、自分の赤ちゃんが欲しいとの欲望に突き動かされてしまうのだ。エドの大人になりきれない子どもじみた愚かさや未熟さが見て取れる。

また、エドはハイの上司グレンの妻ドットの子育ての悩みを聞くことで、現実感覚を取り戻してゆく。赤ちゃんには予防接種を受けさせ、銀行の口座を開き、保険に加入しなければならない。赤ちゃんを育てるには、そういった現実的なものごとをたくさんこなしてゆかなければならないことに、エドは直面してしまうのだ。それまでのエドが、愚かで未熟であったことが浮き彫りにされ、ひとつ成長することを示唆する場面だ。

だから、エドは赤ちゃんを元の親のところに戻す決断を下す。エドを縛り付けていた鎖が徐々に解け、やがて完全に鎖から解き放されたとき、エドは現実感覚を取り戻し、成長した人間となったのだ。

完全な悪には染まっていない人間

夫のハイは、コンビニ強盗を繰り返すたびに警察に捕まり、刑務所に入れられては出所することを繰り返していたケチな強盗だ。そんなハイは、逮捕されるたびに容疑者の顔写真の撮影を行う警察官のエドを好きになり、熱心に口説く。やがてハイの努力が実り、エドとの結婚にこぎつける。そこでハイはようやく、真面目に働くことを決意し、仕事を見つけ、新しい生活をエドとともにはじめる。

ところが、ハイは赤ちゃんを盗み出したあと、コンビニにオムツを買いに行くが、お金が足りずついカッとなって強盗をしてしまう。駐車場に停めた車でハイを待っていたエドは、ハイが強盗をしでかしたことに腹を立てて車で走り去り、残されたハイは、警官とコンビニ店員に追いかけられてしまう。

かつてはケチな強盗だったハイ。とりあえずはエドのことを心から愛し、盗んできた赤ちゃんにも愛情を注ぐが、ついカッとなって強盗をしでかしてしまうところなど、エドと同じように子どもじみた愚かさや未熟さを抱えた人間として描かれる。そうであるからこそ、赤ちゃんを盗み出してしまうのだ。まだ、この時点でのハイは、まだケチな強盗としての自分から完全に脱してはいない人間だ。

そんなハイは、赤ちゃんと接する中で少しずつ成長してゆく。もちろんハイは、大きなことをやってのける度胸も行動力もない人間だが、一方では完全に悪に染まった人間ではないために、人間として成長する余地があったのだろう。そもそも、赤ちゃんを実際に盗み出したのはハイ自身だが、赤ちゃんを盗み出してきたその日の夜に、良心の呵責を感じて奇妙な夢にうなされるほどには、完全な悪には染まっていない人間なのだ。

また、ハイは上司にスワッピングを持ちかけられたら怒るほどには、妻のエドを一途に愛しているし、上司のそんな提案を拒絶するくらいには常識を持ち合わせている。一度は脱獄囚のゲイルとエヴィルから持ちかけられた銀行強盗を決意するも、けっきょくはきっぱりと断る。やはりハイは完全に悪に染まってはいない。だからこそ、ハイは赤ちゃんがやって来たことで、自分でも気づかないうちに少しずつ成長する余地があったのだと言える。

愚かさや未熟さを抱えた自分と決別

刑務所を脱獄してきたゲイルとエヴィル、そして赤ちゃんを両親の元に返して賞金を稼ごうとするスモールスは、ハイとエドの夫婦をドタバタに巻き込む。ハイとエドが、子どもじみた愚かさや未熟さを抱えた、言わば「小悪」の存在とすれば、ゲイルとエヴィルは「中悪」の存在、スモールスは「大悪」の存在として位置付けられるだろう。

脱獄囚のゲイルとエヴィルは、もっと大きなことをしたいとハイを銀行強盗に誘う。そして、実際にふたりで銀行に押し入ってしまうし、さらにはハイとエドのところに来た赤ちゃんを奪ってしまう。けれどもハイの奮闘によって、ふたりは刑務所に押し戻される。それもみな、ゲイルとエヴィルに奪われた赤ちゃんを取り戻すためだ。結果として「小悪」が「中悪」を克服したのだと言える。

さらには、この物語では「大悪」に位置付けられる賞金稼ぎのスモールスの影が忍び寄る。革ジャンに革のパンツ、不潔ななりをして大型のバイクを乗り回すスモールスは、いかにも地獄からの使者という雰囲気をまとい、物語に不穏さを加えてゆく。赤ちゃんを盗み出した夜に、ハイが見た悪夢の中に現れることで、ハイが良心の呵責に苦しんでいることを表し、同時にスモールスが不吉で不穏な存在であることが示される。

スモールスは、赤ちゃんを盗まれたネイサン・アリゾナに高額の賞金をふっかけ、赤ちゃんを取り戻すと告げる人物だ。ネイサン・アリゾナは赤ちゃんを取り戻したいが、赤ちゃんが盗まれたことにかこつけ、大金をせしめようとするスモールスを拒絶する。それでも、スモールスはネイサン・アリゾナに大金をふっかけるために、ハイとエドの元にいる赤ちゃんを奪うことに必死となり、そして実際に赤ちゃんを奪ってしまうのだ。

物語の最後に、ハイはスモールズと壮絶な格闘をすることになる。赤ちゃんを奪ったスモールスとの壮絶な(そして同時にどこか滑稽な)、生命をかけた格闘だ。その格闘の末にハイは、スモールスの手榴弾のピンを抜き、スモールズを爆破してしまう。そして無事に赤ちゃんを取り戻すことができるのだ。「小悪」が「大悪」を抹殺することで、自らにまとわりついた悪をも取り除いた瞬間だと言えるだろう。

この格闘によって、ハイはケチな強盗だった自分、そしてと愚かさや未熟さを抱えた自分と決別する。これから先、ハイとエドは真面目に生きていくのだろう、そしてこれからのハイとエドの人生は、ひとまずは良い方向に向かっていくのだろう。物語の最後にはそんな安堵にも似た予感が、わたしたちの胸に広がるのだ。
USA, Arizona, Monument Valley: Earth Hands

映画の概要・受賞歴など

赤ちゃん泥棒』は、1987年制作のコーエン兄弟制作映画。ジョエル・コーエンが監督を務め、イーサン・コーエンとともに脚本を書いた。コーエン兄弟にとっては2作目の制作作品。

原題は”Raising Arizona”。直訳すれば「アリゾナを高く持ち上げる」。”Raising children”だと「子育て」となる。作中のアリゾナ・ジュニアを高く持ち上げる様子が思い浮かぶし、アリゾナ・ジュニアの子育てをめぐる物語、という意味にもなる。

また、この物語の舞台もアリゾナ州。主人公のハイとエドが、アリゾナ州アリゾナ・ジュニアの子育てを通じて成長する物語という意味も含まれていそうだ。

参考リンク

1)Yahoo!映画/『赤ちゃん泥棒
movies.yahoo.co.jp

2)映画.com/『赤ちゃん泥棒
eiga.com

3)Filmarks/『赤ちゃん泥棒
filmarks.com


ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
管理人のFilmarks:https://filmarks.com/pc/nobitter73
管理人のtwitterのアカウント:https://twitter.com/nobitter73
管理人のメールアドレス:nobitter73 [at] gmail.com
※[at]の部分を半角の@に変更して、前後のスペースを詰めてください。
『誤読と曲解の映画日記』管理人:のび
ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー